初心者のための外注化マニュアル【サイトアフィリ用テンプレートあり】

応募してきた外注さんの審査

タスクで審査する場合もこちら基準も取り入れて審査してみてください。

審査とはいいますが、定員割れしているときは、よほどひどい人以外は基本採用です。

 

定員オーバーしているときは、選ばなければいけませんが、そのときにわかりやすい選ぶ基準を書きます。

  • レスポンスは早いか?
    • なにか急ぎで修正や必要な記事があるときもあるので、レスポンス(必要な返信)はなるべく早いほうが何かとやりやすいです。
  • 受け答えで感じる性格やタイプが自分とあっているか?
    • プライベートでのLINEとかのメッセージのやり取りでも、「この人とは話しやすい」みたいなのがあると思いますが、そのような感じで、意思疎通がしやすくなるのでやりやすいと感じる人のほうを採用しましょう。
  • 文章を見て、文字数稼ぎが多くないか?
    • たいてい「〇〇文字以上」という条件で依頼しますが、回りくどい言い回しなどで文字数を多くしていると内容が薄くなります。記事を読んでみて自分にもすっと入ってくる記事を書いた人を採用しましょう。

 

審査が終わって、この人に決めた!となれば、採用の連絡ですが、意外嫌なのが不採用の連絡です。

なので採用・不採用のメッセージはどのように送るのかも自己流ですが、書いてみたいと思います。

応募してくれた外注さんへのメッセージ

採用の場合は、

  • 簡単な挨拶
  • 採用させていただきます
  • 案件の詳細をぼかしていた場合は詳細な内容
  • 僕の場合「Googleスプレッドシート」を使いますということ
  • 以上の内容でもう一度了解をもらう

このような内容のメッセージを送り返事が来たら正式発注(依頼)します。

 

不採用の場合は基本的に

「他の方にお願いすることになり、今回はご応募をお断りさせて頂きます。また機会がありましたらご連絡しますのでそのときはよろしくお願い致します。」

のような感じでお断りしています。

実際、次の案件ができたとき、同ジャンルでしたらその人の直接依頼する形で送ることも多いです。

 

 

田舎アフィリ

メッセージの内容はテンプレートとして別ページにまとめたのでよければ参考にしてみてください。

採用、不採用の連絡メッセージテンプレート集

 

 

 

外注さんと正式契約後の発注方法について

効率よく記事発注する方法についても解説します。

いろいろやり方があるので、「僕はこうやっています」という内容です。

 

メッセージアプリを使う

外注さんへの連絡方法として、契約前はサービス内のメッセージ機能を使わなくてはいけません。

ですが、本契約後はskypeでもLINEでもチャットワークでも電話でもメールでも問題ありません

では何を使いましょうか?

LINEは確かに使いやすいのですが、機種変や紛失などでメッセージが消えることもあります。ビジネス上メッセージのやり取りは残ったほうがいいです。

電話も記録が残らないのでなるべくしないほうがいいです。メッセージのみのほうがもめることがありません。

田舎アフィリ
結局、ビジネスで使うならチャットワークがおすすめ!
www.chatwork.com/

チャットワークには「引用」機能が、他と比べて格段に使いやすいですし、ファイルの授受も簡単です。

↓↓チャットワークには「引用」機能

 

発注方法について

基本的にGoogleスプレッドシートを使うとやりやすいです。

Googleスプレッドシート:docs.google.com/spreadsheets/

これは、Web上で使えるエクセルです。大きな特徴が、複数の人と同時に共有編集が可能ということです。

スプレッドシート1つ1つにURLが割り当てられ、そのURLを知っている人がスプレッドシートを開けば常に最新版が表示されます。また編集履歴も見ることができるので外注さんに金額を書き換えられたりとかもありません。

↓↓サンプル

納品・支払管理テンプレートダウンロードページを開く

 

このような感じのスプレッドシートを作成して外注さん1人に1つ割り当てます。

正式発注用スプレッドシートテンプレートの解説

こちら(発注者側)が記入するのは以下の内容です。

  • 発注日
  • 商品名
  • 商品URL
  • 文字数(1記事〇〇円タイプの報酬体系では不要)
  • 文字単価(1記事〇〇円タイプの報酬体系では不要)
  • 記事報酬(文字数単価の場合自動計算されます)
  • 承認(チェック後支払いますという納品完了連絡のため記入)

 

この内容を見て記事を作ってもらい、「下書きURL」と「記事タイトル」を記入してもらって納品してもらったことになります。

※「記事タイトル」は自分で書いてもOKです。その場合、タイトルのとおりに書いてくれるので、思ったとおりの内容になりやすいです。

「報酬金額」未払い金額の合計です。お金を支払ったら「振込済み金額」に記入すると「報酬金額」からマイナスされます。

 

田舎アフィリ
このGoogleスプレッドシートテンプレートは一例ですが、うまく使うと、とても発注が簡単になりますので是非試してみてください!

 

外注化マニュアルまとめ

外注化の具体的な方法について書いてみました。

  • アウトソーシングサイトを選びアカウント登録までは簡単に。
  • 募集する方法3つについて。最初は通常依頼がおすすめ。
    • 通常依頼
    • タスク審査後直接依頼
    • 直接依頼
  • 依頼ページの作成について。金額の設定や依頼テンプレートについて
  • 外注さんの審査基準について
  • 正式発注のツールの使い方

このような内容を書かせていただきました。

なるべくこの記事で1回目の外注化ができるようになってもらいたいと思って書きましたが、外注化に少し慣れてきてからも使えるテクニックも書かせていただきました。

なので、分かりづらくなってしまったところもあるかと思います。

疑問などありましたら、コメントかお問い合わせいただけたら、とても嬉しいです(^^)

 

外注化マニュアル実践編をどうぞ

このマニュアルを元に外注でサイトアフィリエイトをやります。

リアルタイムで状況を報告しながら進めていくので、ぜひご覧ください。

↓↓どんなサイトアフィリエイトの内容なのか解説

初心者でも記事作成を外注でサイトアフィリエイトに挑戦企画開始!

2018年7月28日

 

↓↓外注でサイトアフィリエイトのリアルタイム報告書

【時系列】グルメ食品系ミニサイトアフィリエイト①の進行状況報告書

2018年8月22日

 

 

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

1 個のコメント

  • Manohiroと申します。
    ブログランキングから訪問させて頂きました。

    外注を考えております。

    丁寧に書かれているので

    勉強になりました。

    また訪問します。

    ポチしました。

  • コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください