【田舎ビジネス】貸し釣り船、遊漁船業を始めてみよう!(実践編)

以前の記事で貸し釣り船、遊漁船業を始めるための方法を調べた準備編の記事の続きの記事です。

以前の記事はこちら↓↓

【田舎ローカルビジネス】貸し釣り船、遊漁船業を始めるには?(下調べ編)

2018年11月5日

 

この記事の内容は順次更新していきます。

現在の記事の内容については目次を御覧ください。

 

 

時系列

ここでは時系列でなにをやったのか書いていきます。

SNSのフォローやメルマガ登録で、「初心者が外注でミニサイトアフィリエイト」リアルタイム企画の更新情報を受け取ることができます。是非よろしくお願い致しますm(_ _)m

 

2019年4月20〜21日:船舶免許講習(合格)

講習費:103100円

 

2019年5月4日:船を探している

船が買えるサイトまとめ

 

2019年5月23日:いい船を発見!

福岡に船があり、ちょうど翌日福岡に行く予定があったので、ついでに見に行きたい。問い合わせて見学OK。

 

2019年5月24日:船を見学

状態も良く、価格も安いので売買契約する。

6月3週目に届く予定。送料などいろいろ込みで合計28万円。

21ft、6人乗り、4ストディーゼルのドライブ船。詳しくは作成中。

 

 

2019年5月25日:船を係留するための準備

船係留用品探し。

おすすめの係留ロープショップ:ロープハンター

係留用品についていろいろ調べた結果の記事を作成中

 

2019年5月25日:ロープやフェンダー探し

係留に必要なロープやフェンダー。結構高いので、海に打ち上げられているゴミのなかから回収して再利用しようと思う。

海岸をドライブしてフェンダーになるものを回収。

ロープは自宅の海に沈んでいた物を回収して清掃。

ロープは購入したほうがいいかも。

 

2019年5月27日:印鑑証明など書類集めと入金

今回の場合の必要書類:印鑑証明書(300円)、売買契約書、委任状

以上を揃えて、船を売ってくれるところへ郵送(切手120円)

お金の振込み(28万円)

この日以降、いろいろ船を係留するための準備する。

 

2019年6月3日:船を買う会社から電話

  • 係留ロープは18mmは必要
  • 船の発送は6日以降の運送会社とこちらの都合の良い日にする

もうすぐ船が来てしまいます。準備を急ぎます。

 

 

 

船のために使ったお金

免許講習103100円
印鑑証明300円
切手120円
船本体+α280000円
船用品まとめて22,565円
合計406,085円

 

船用品詳細

  • 横付けのための緩衝材を保護するためのブルーシート
    • 薄手サイズ1.8m×1.8m ×1
    • 薄手サイズ1.8m×2.7m ×1 2つ合わせて481円
  • ロープ
    • 18mm×10m×2個→6,980円(通年係留用)
    • 10mm×100m→7390(アンカー用)
  • フォールディングアンカー 6kg 2980円
  • 軽油缶 20L ×3 4,734円(船が80Lタンク)

 

メモ:22,565円(6月5日)

自分の船(プレジャーボート)と漁協との関係

漁協に実際に話を聞きに行ったのでそのことを書いていきます。

結論としては、プレジャーボートに関しては漁協とは特に何もしなくてよいということでした。

 

プレジャーボート」は船の登録をするときに小型船舶で登録されたもので、漁船登録された船が「漁船」になります。

で、漁協というのは「漁船」に対していろいろやるみたい(詳しくはよくわからない)ですが、「プレジャーボート」については特に干渉しないという感じでした。

 

プレジャーボートを漁港に置きたいとかだとまた話は変わってくるみたいですが、今回は自分の家の前に置くので漁協とは特に何もしなくていいとのことでした。

ただ、台風のときなどに流されたりしないようにしっかり管理してほしいということでした。当然ですね。

 

うちの近くの漁港には、軽油を入れられる施設や、船を陸上に上げる架台の設備があり、それらを使用するには漁協や行政に登録などなにか必要になるようです。

 

 

小型船舶免許の取得

小型船舶免許の種類は私は2級で十分だったので、2級の取得にしました。

結局どの会社もあまり価格が変わらないので、

  • 国家試験(学科・実技)が免除
  • クレカ決済できる
  • なるべく近くで開催される

という条件の会社を選びました。

 

↓↓それがこちらでした。

JML(日本海洋資格センター)

 

免許取得までの流れ

  1. 申し込み
  2. 日程の確認の電話
  3. 必要書類を揃える
    めんどくさいのが「身体検査」の書類です。病院で作成してもらいます。空いている病院だったら電話して当日中にもらえます。
  4. 講習1日目:学科
  5. 講習2日目:学科と実技→その後実技試験と筆記試験
  6. 不合格だと講習2日目の当日中に連絡があり再試験の日程など打ち合わせるらしい
  7. 免許交付まで1ヶ月程度

 

講習と試験について

【日程】
4/○○ 8:30~18:00 学科
4/〇〇 7:30~19:10 学科・実技

【当日持っていくもの】
①受講申込書
②本籍地記載の住民票
③身体検査証明書(事前に写真を貼って受診)
④パスポートサイズの写真3枚(4枚を用意、うち1枚は身体検査に使用)
⑤認印
⑥筆記用具

 

船を手に入れるために必要な情報まとめ

船を置きたいところの近くで購入できるのが最高なのですが、そう簡単にはいかないので、ヤフオクなどのインターネット経由で船を買うことのほうが多いと思います。

現地に行くのも大変だと思うので、得られる情報を見て判断して買うことになりますが、知っておいたほうがいい情報について書いていきます。

 

2スト、4ストとは?

エンジンの「ストローク数」のことで2ストロークと4ストロークのことです。違いは…

2スト:構造がシンプル(修理がしやすい等)、同排気量では出力が高い、燃費が悪い、排気が汚い、音がうるさい

4スト:構造が複雑、燃費が良い、排気がキレイ、音が静か

どちらにしても自分で修理は難しいと思いますので、燃費のよい4ストをできるだけ選びたいと思いいます。

 

燃料について

3種類確認。ガソリンと軽油を比べると、軽油のほうが燃料代は三分の一くらいになるらしい。ほかにもいろいろディーゼルエンジンのほうが優秀とのこと(参考:Yammernのディーゼルボートのメリットへ)

ガゾリン →船外機はガソリン。他のエンジンでもガソリンを使うこともあるはず。燃料代は高く、消費量も多いらしいので、コストは高い。

軽油 →ディーゼルエンジンで使う燃料。エンジンとしては、船内外機、船内機で使われる。船外機にはディーゼルは無いらしい。

ケロシン(灯油)→高速回転時は灯油で動くエンジンで使う。このエンジンはほとんど無いらしい。確かに探していても見かけない。灯油は安いのでお財布に優しい。

 

エンジンとプロペラの位置による分類

・船外機方式(アウトボードエンジン)
船外機が船尾に取り付けられ、船外機の向きを変えることにより針路を制御する。

 

・船内外機方式(インボードアウトドライブエンジン、ドライブ船)
艇内にエンジンが設置され、ドライブユニットが艇外にあり、ドライブユニットの向きを変えることにより針路を制御する。

 

・船内機方式(インボードエンジン、シャフト船)
艇内にエンジンが設置され、プロペラシャフトを通じてプロペラを回転させ、舵により針路を制御する。

近畿運輸局より

ここからは上から順に、船外機船ドライブ船シャフト船と書きます。

 

 

燃料コストの安さ

軽油(ドライブ船・シャフト船)ガソリン(船外機)

※軽油で動くのはディーゼルエンジンなので安い=ディーゼルです。
※船外機には軽油はない。ドライブ船シャフト船は軽油が多いけどガソリンもあると思う。

 

修理やメンテナンスのしやすさ

船外機 > ドライブ船 > シャフト船

  • 船外機は壊れたら載せ替えるのも簡単。
  • シャフト船は主要部(シャフトとか)が壊れたときの修理がとても高価。
  • 壊れやすさは使い方次第
  • 船外機はどう使っても10年は持たないのでその都度載せ替えらしい。
  • ガソリンエンジンは機構が電気的なもの多いので寿命が短い→ドライブ船、シャフト船でもガソリンだと壊れやすいかも。
  • ドライブ船(ディーゼル)は致命的な故障をさせない限りしっかりメンテナンスすると10年20年維持可能らしい
  • シャフト船は船底に穴が空いていてシャフトを通してスクリューなので、メンテナンスをしっかりしないと浸水する。こまめなメンテナンスが必須(その分、船としての性能が良い)
  • シャフト船(ディーゼル)もメンテナンスをしっかりすれば10年20年維持可能と思われる。
  • メンテナンスのしやすさとコストはまた別の話で、「頻繁に交換する船外機」と「壊れたとき高いけど通常は長持ちするドライブ船」どちらがいいかわかりません。

 

それぞれのメリットデメリットをまとめます。

船外機

  • すべてガソリンエンジンなので燃料コストが高い
  • 寿命は短い(10年もたない)
  • 荒れた海に弱い
  • メンテナンス・交換は簡単

 

ドライブ船

  • 壊れたときに修理が高額
  • 交換も高額
  • 荒れた海に弱い
  • シャフト船よりメンテナンスが簡単
  • 寿命が長い
  • ディーゼルなら燃料コストが安い

 

シャフト船

  • 壊れたときに修理がとても高額
  • 交換もとても高額
  • メンテナンスがめんどくさい
  • 寿命が長い(多分)
  • ディーゼルなら燃料コストが安い
  • 船の性能的に海が荒れても出船しやすいらしい(他の船は出船率が低くなるらしい。なので遊漁船では人気)

 

 

船の大きさについて

大きいほうが…

  • 荒れに強い
  • 燃費は悪い
  • たくさん乗れる
  • 普通は価格が高い
  • 扱いが難しい

一長一短ですよね〜目的に合わせてどのくらいがいいのか決めましょう。

 

船の形について

背が高いほうが風の影響は受けやすいけど、波を被りづらいはず。

だいたい釣り船として購入するなら以下の4タイプになると思われます。

  • 漁船系 和船
  • 漁船系 センターコンソール
  • プレジャーボート ウォークアラウンド
  • プレジャーボート 前に行けない

 

実際の燃費について

まだ実際に乗っていないので、参考になるサイトをまとめておきます。

燃費参考リンク集

ボートの燃費の話し・・・

 

 

さあ、船を選ぼう!

ここまででいろいろ情報をまとめて、こんな船がほしいというのをだいたい決めます。

  • 中古船
  • ドライブ船(ディーゼル)
  • 4スト
  • 20〜30ft
    最初は20ft未満の小さいのでもいいとも思う
  • 船の形は前に行けないプレジャーボートタイプ以外なら何でもOK
    安そうでドライブ船に多い「漁船系 センターコンソール」になるかと思う
  • 価格50万円以下で輸送までしたい

 

こんな感じで決めましが、この条件で探していきます。

 

この後、中古船のサイトを紹介しますが、絞り込み機能が弱いと探すのがめんどくさ過ぎます。

絞り込み機能が良くて商品数の多いところから探していきましょう。

 

 

中古船を買えるサイトリンク集

インターネットで船を買える、探せるサイトを紹介します。

多くのサイトがそうなのですが、場所の絞り込みで「九州・沖縄」になっていて、私は大分県なのですが沖縄の船が出ても困るので「九州」「沖縄」は分けてほしいですね(^_^;)

「★」マークを付けているのはおすすめサイトです。

 

★ヤフオク

言わずと知れたオークションサイト。船も多数出品中。都道府県別に絞り込めるので探しやすい。

 

★中古艇ドットコム

絞り込みがやりやすく探しやすい。一覧表示のときにも場所が見られるのもいいですね!船の量も十分にあります。
船もスタッフがしっかりチェック済みみたいで、詳しく書かれているので素晴らしいです。

 

ボートワールド

地域絞り込み機能が「九州・沖縄」だけど、ほかの絞り込み機能は充実していて探しやすい。

 

ジモティー

個人売買サイト。オークション機能は無いけど、ヤフオク的な使い方ができる。
掘出し物があるかも。地域ごとに細かく別れているのでピンポイントで探せるけど出品数はヤフオクのほうが多い

 

船ネット ドットコム

絞り込み機能があるけど弱め。サイズで探すと地域で絞り込めない感じ。一覧表示のときに地域表示はされるのでそれで探すのはあり。

 

ボートセンサー

地域絞り込み機能が「九州・沖縄」。他の絞り込み機能も弱め。

 

あまくさマリーナ

検索絞り込み機能は弱い。100万円以上の船が多い(100万円以下も少しあり)。船がどこにあるのか書いていない。「あまくさ」かな?

 

Captain Navi

地域絞り込み機能が「九州・沖縄」。他の絞り込み機能はまあまあ悪くない。

 

中古艇市場

個人売買サイトだと思う。サイトは古い作りだけど船の数は多い。
絞り込み機能が少ないので探しづらい。特に場所の絞り込みができないし一覧で場所を見れないので非常に探しづらい。
さらに、長い間更新されていない船のページもあり、今あるのかわからないもののある。

 

エクセルマリン

拠点:福岡
調べた時点で安くても100万円以上の高価格帯しかない。

 

ez-boat+

拠点:全国展開
ほとんどの船の価格が書いていない。

 

 

船の送料はいくら?送料をまとめてみました。

次に気になる「船の送料」です。通常の宅急便とちがって明確に送料が決まっているわけではありません。

ヤフオクの質問などで送料について書かれているのをまとめておきます。どのくらい正確な情報なのかわからないので参考程度にしてください。

船名サイズ発送地着地距離送料
日産FS5005.2m福岡県糸島市長崎県平戸市90km4万円
北海道2000km50万円
UF237.0m宮崎県福井県敦賀市900km20〜25万円
沖縄本島海運25〜30万円
ヤマハU-195.8m大分県佐伯市大分県別府市75km3万円
ヤマハSRV205.4m広島県笠岡市鹿児島県710km18万円
和歌山県和歌山市284km16万円
ヤンマーZD21B36.4m福岡県福岡市大分県佐伯市250km5万円

→サイズはメートルに換算したおおよその長さ
→距離は県庁所在地などまでの距離なのでだいたいの数字
→金額もおおよそだと思いまます

赤字は自分で買った時の情報なので、正確な金額です。

 

 

船を買ってから届くまでにやることリスト(係留準備)

  1. 係留方法を決める
  2. 係留に必要な「物」をそろえる
  3. 船がなくてもできるところまでやっておく

ということをやらなくてはいけません。係留する場所によってずいぶん違うので細かい内容は変わりますが、私のやったことをまとめていきます。

 

船の係留方法を決める(今回は横付け係留)

係留方法にもいろいろありますが、今回の船は横付け係留にしてみます。

横付けはただ岸壁に横につけてロープで係留するだけなので簡単です。

横付けのデメリットが

  • 岸壁とぶつかる
  • スペースをとる

ことです。

岸壁とぶつかるのでしっかりとフェンダー(防舷材)をはさむようにして船を守ります。

スペースに関しては、自分の庭なので他の人が船を泊めるわけではないので問題ありません。

 

 

横付け係留で必要なものを集める

必要なものは以下のとおりです。

  • 防舷材
    • フロートフェンダー
    • 耐候性ブルーシート
    • 流されないためとカバーを付けるためのロープ
  • 係留用ロープ
    • 21ftの船で通年係留なので太さ18mmは必要

横付け係留なのであまり必要ないです。

 

防舷材とは?

岸壁と船との緩衝材になるものです。港の岸壁にくっついているゴムとかも防舷材です。

このゴムはとても個人で設置できるものではないので、今回はフロートフェンダーを使います。

これを浮かべてロープでつなぎとめます。買うとAmazonで6588円+送料1500円くらいで、8000円以上しますね。

これが2つほしいです。

結構高いので、海岸に打ち上げられてゴミになっているフロートフェンダーを回収して再利用しました。2つゲット。

発泡スチロールむき出しなので、耐候性のあるブルーシートで覆いロープで縛って使います。

 

船がなくてもできるところまでやっておく

まずは、係留用の太めの18mmロープを買います。素材は耐水性・耐候性に優れる「ポリエステル」を選びます。

Amazon、モノタロウなどのショップをいろいろ見ましたが、圧倒的に安くて品質も良さそうなロープハンターで購入しました。

 

次に防舷材の作成です。

先程の画像でお見せした大きい発泡スチロールをブルーシートで巻いてロープで十字で縛ります。

係留するところは、潮位変化も結構大きい(2mくらいは変わると思う)ので防舷材の位置が変わりすぎないように木材で一定の距離を保てるようにしました。

とりえずこれで完成。なにか問題があれば随時直します。

ここまで揃えば受け入れ準備はできたと思います。

 

まとめ

まだ更新中です。

 

 

 

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

10 件のコメント

  • こんばんは。
    小型の船にも種類があるのですね。
    遊漁船業大変そうですが、面白そうですね。
    また訪問させていただきます。

  • こんばんは

    色々調べられていて、とても参考になります。

    私は愛知県から和歌山県に今年の12月に移住する予定で、去年中古の家を購入し、仕事の休みを使い自分でリフォーム中です。

    以前から夢であったレンタルボート店を開業しようと思い色々調べている段階で、このサイトを拝見しました。

    同様にレンタル店をしながら遊漁船もと思い、必要な資格を取ったのですが、漁協に話に行った際、基本的に一人一艘と言うことになっています。
    営利目的の多船の係留は認めていません。と言われ、足踏み状態です。

    遊漁船を行いながら、レンタル店を開業するチャンスを伺おうと思っていますが、遊漁船をメインでやるとなると、お客さんが10人位乗れる船(40ft)じゃないと生活的に厳しいが、大きくなれば高額になるので、どうしようか悩んでいる状態です。
    妻にも免許を取得して貰ったので、妻の名前でもう一艘係留して、一艘はレンタルで

  • とも考えているのですが、これではレンタル店メインに出来ないと思いまた、悩んでいる状態です。
    漁協がダメなら、観光協会に行き話をし、何か助言も貰えればと考えている段階です。

    何か助言できる事があればよろしくお願いします。

    • コメントありがとうございます。

      遊漁船の資格、僕もほしいです〜(^^)
      遊漁船始めたら、実務経験のため働かせていただきたいです!

      さて、ご質問についてですが、なにか特別な方法をしっているわけではないので、正攻法でできるとこまでやるしかないのかと思います。
      すでにお考えのこともあると思いますが、

      ①多船係留を認めていないなら、場所代を多めに払う、仲良くなるなどして認めてもらえるように頑張って交渉する
      ②他の人の名義で場所確保する
      ③すでに船を係留している人と交渉して船のレンタル仲介する
      ④海の隣の家や倉庫や土地などで船を係留できるような場所を新たに買うか借りる

      このような感じでしょうか。

      私の自宅→(inaka-af.jp/my-home-sea/)のような場所を探せればいいですよね。筏を出せば多くの船を係留できるので。

      レンタルボート店開業楽しみですね!応援してます!
      進展あったらまた教えていただけると嬉しいです〜(^^)

      • 続きです。

        私が、遊漁船やり出したら是非、実習に来て下さい。
        教えれる事は全て教えます。
        色々アドバイスも頂いているので、特別に燃料費代程度でお受け致します。

        書き忘れましたが、2馬力船のレンタルと視野に入れています。初期投資が安いので、それもありかなと思っています。デメリットは出船日が少ないって事です。
        入り江の様な湾内なら良いですが、太平洋に面したいて比較的穏やかな日が少ないと危ないですよね。
        勿論安全の為に全艇にGPSを装備するつもりです。浮気防止用防水GPSです。
        万が一エンジンが停止して漂流って事になっても、このシステムなら見つけてあげられます。

        ライフジャケットにGPSが入った物もあるようですが、どちらが初期投資と継続的に使用するにあたり安いかを検討中です。

        GPSについて、もっと良いもの有れば教えて頂けると幸いです。

        私もウミニンさんの田舎暮らし応援しています。
        お互い楽しみながら頑張りましょう。
        これからも、よろしくお願いします。

      • 返信ありがとうございます。

        話しの中にあった様に、漁港の中に空き地がありそこを貸してくれそうな人が見つかったので、土地を借り直ぐ隣のスロープから、予約があった時だけ船を上げ下ろしする方向で考えています。

        しかし、それが出来るがどうかはまだ分からないので、何とも言えませんが、出来れば突破口が見えるかもしれません。

        やはり、一人で考えているより、同じ想いを持った人と話をした方が色々視野が広がって楽しいです。
        ありがとうございます。

        さて、遊漁船の資格の話しなのですが、私は長年通っていた遊漁船の船長にお願いをしました。
        仕事をしながらだったので、50時間を終えるのに、1年もかかってしまいました。
        その船長が遊漁船を始めた当初に私がお客で来て週2回チャーターしてくれたので、本当に生活出来て助けられた。今回は特別にと言って下さり行って頂きました。
        実習の内容は、基本的に決められていない様で、
        何をやって50時間でも良いとのことでした。
        私は、実際船にのったのは、5時間×10回の中で2回だけでした。
        本音は、もっと遊漁船業をするにあたり、ソナー、レーダー、魚探の詳しい見方や、アンカーの打ち方、船の縦方や流し方、漁港に停めるにあたってのロープやアンカーの打ち方、お客さんのクレームの対応の仕方、当日キャンセルの対応、船の保険、ロープワーク等々教えて頂きたかったのですが、陸地作業が多かったです。
        そのかわり格安でやってくれたのでよしとします。

        • 遊漁船資格の話、ありがとうございます!
          詳しい実習内容も知ることができてとても参考になります。
          こちらもいつ取得を進めるのか未定なのでその時またご連絡したいです。

          GPSですが、スマホはほぼ持っていると思うので、リアルタイム位置情報の共有をお願いすると一番安上がりになると思います。帰ってきたら無効にすればOKです。借りる方もそのほうが安心だと思うのでやってくれると思います。その時ついでに連絡先も交換できるので宣伝もしやすいですね。

          リアルタイムのいち情報共有ですが、具体的な方法はコメントだと説明しづらいのですが、Googleマップのアプリからできます。

          【Googleマップを使ったリアルタイム位置情報共有の方法】
          ・左上の三本線をタップしてメニューを開く
          ・「現在地の共有」をタップする
          ・共有する方法がいろいろ出てくるので、どれかで共有する
          ※Gメールがある人が多いと思いますでの、Gメールで共有もできればいいですね。電話番号にショートメールを送って共有もできます。

          スマホが水没する危険もあるので「水に浮く防水スマホカバー」があるので貸出すのもいいと思います。
          Amazonでも売ってまいす→amzn.to/339rLfw

          船の陸上保管ができるのなら一番安心ですね!
          僕の家の前に係留しておくと台風のときヤバイので漁港に避難しないといけません。
          旅行中に台風来たりするとヤバイな〜という感じで、台風シーズンは安心して旅行できません(^_^;)

          最近海上で故障したこともあり、船を持つと心労が耐えませんね。楽しいですけど!

          • こんにちは

            GPSの件アドバイスありがとうございます。
            その手があったか!
            と言う感じです。

            利用規約に住所と名前を署名してもらう時に規約に盛り込んでしまえば良いですもんね。

            田舎なのでもし、ガラ携しか持っていない人には、GPS付きのライフジャケットを貸し出す。って事で、だいぶランニングコストが抑えれそうです。
            ありがとうございます。助かりました!

            メッセージの中で海上で故障とありましたが、予備エンジンか何かつけていたのでしょうか?

            やはり、ネットで購入する船は、まだまだ現役と書いてあっても、ヤバイんでしょうか⁉︎

            中古艇ドットコムで、以前購入した知り合いが、毎回船に行く度に船内に海水が侵入しているって言ってた話を思い出しました。

            海上で故障した時の対処法はどうされましたか?

            教えて頂けると幸いです。
            よろしくお願い致します。

  • コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください