WordPressで記事が1.5倍早く書ける?[AddQuicktag]プラグインの使い方

 

田舎アフィリ

WordPressで記事を書く人ならほとんどの人が使ってると思うのが今回紹介するプラグインの「AddQuicktag」です。

機能を簡単に説明すると、記事を書く時に挿入したいいろいろなコードや定型文を簡単に挿入することができるプラグインです。

記事を早くきれいに書くことができるようになる記事書き支援プラグインになります。

 

 

例えば…

WordPressには「ショートコード」という機能があり、

田舎アフィリ
このような「吹き出し」もショートコードで作られています。

この吹き出しは、作るのが難しく見えるかもしれませんが、

↑↑このようなショートコードを記事内に書くことで表示させています。

そして「AddQuicktag」はこのようなショートコードなどを保存しておき、記事を書くエディターで簡単に呼び出して記事に挿入することができます。

 

 

 

補足:ショートコードについて。

ショートコードは関連記事紹介やボタンを作ったり、記事を見やすくするようなデザインなどを簡単にするためのシステムです。

ショートコードは、使っている「テーマ」によって設定される、あるいは、インストールしているプラグインで設定されることによって使えるようになります。

 

なので、自分が使えるショートコードは、使っているテーマ、プラグインによって違いますので、調べる必要があります。

テーマで設定されているショートコードは、テーマ配布もとで知ることができると思います。

プラグインで設定されているショートコードは、プラグインの設定画面に書いてあったりします。

 

では「AddQuicktag」の使い方を解説します。

 

 

「AddQuicktag」のインストール

  1. 「プラグイン」→「新規追加」を開く
  2. 「AddQuicktag」で検索する
  3. ボタンでインストールと有効化する

 

「AddQuicktag」はここから設定します

「AddQuicktag」の設定画面を開くには「設定」のなかにある「AddQuicktag」をクリックします。

 

「AddQuicktag」の設定方法

設定画面を開くと

  • タグの登録や削除
  • 記事エディターの改造
  • インポートとエクスポート

の設定ができますが、順番に解説していきます。

クイックタグの追加と削除

「AddQuicktag」を開くと上の画像のようになっていますが、

  • 左側に記事に挿入したいショートコードなどを設定
  • 右側では、設定したコードをどこで使うかを指定
    ※基本的にすべて選べばOK
    ※一番右側の[✓]をクリックするとすべて選べます

 

次に↓↓こちらのコード設定部分の解説です。

ボタン名

エディターで挿入したいコードを選ぶ時に表示される文言。なのでわかりやすいように

 

ダッシュアイコン

エディターで挿入したいコードを選ぶ時に表示されるアイコン。空白でもOK。

↓↓このようにアイコンを選べるので簡単です。

 

ラベル名

テキストモードでボタンにマウスオーバー(マウスのカーソルをボタンの上に移動させること)すると表示される説明文です。

ボタン名を長く書きすぎると使いづらくなるので、ボタン名はシンプルに短く
ラベル名で詳しい説明を書くとわかりやすいと思います。

 

後述しますが、この「AddQuicktag」は設定したコードをエクスポートして配布できます。このエクポートファイルを何かの特典にしても面白いと思います。

インポートファイルの配布を考えたときには、ラベル名を「AddQuicktag」の管理画面でも見られるので、しっかりラベルを書いておくと尚良いです。

 

配布など考えずに、ただ使いたい場合は空白でOKです。

 

開始タグと終了タグ

ここに挿入したいコードを入力しますが、2つ「開始タグ」と「終了タグ」があります。

 

これはなにかというと、テキストを範囲選択した時に「AddQuicktag」で挿入すると、範囲選択したテキストの前方に開始タグ、範囲選択したテキストの後方に終了タグを挿入することができます。

 

 

例えばこの記事の最初で紹介した、↑↑こちらの吹き出しのショートコードですが、

(このような「吹き出し」もショートコードで作られています。)
↑↑この文章を範囲選択して、吹き出しのショートコードを挿入することで完成します。

 

このとき、「AddQuicktag」の「開始タグ」に↓↓これを入力してあります

 

「終了タグ」に↓↓これを入力してあります。

このように、テキストを範囲選択してコードで囲みたい時に開始タグと終了タグの2つを使います

 

囲わなくてよい定型文などは開始タグだけに記入すればOKです。終了タグは空白でも構いません。

 

 

アクセスキー

Windowパソコンでしか使えない、Internet Explorer(インターネットエクスプローラー)で使える機能らしいです。

ショートカット入力ができるとのことです。

私はMacbookなので検証していませんが、通常使わなくて問題ありません

 

順番

数字を記入すると小さい順に表示されます。

空白にしておくと0になり、同じ数字が設定されていると登録されている順に並びます。

 

 

 

田舎アフィリ
登録したタグが増えてきて、よく使うけど下の方に行ってしまったタグを、上の方に表示して使い勝手を良くするといった使い方がおすすめです。

最初は空白でも問題ありません。

 

 

 

 

デフォルトのクイックタグを非表示にする

通常何もしなくてOKです。

ここでは、テキストモードで表示されるボタンを制御します。

特にテキストモードを使わないでビジュアルエディタで記事をく方は、何もする必要がありません。

 

テキストモードには最初からあるボタンと、「AddQuicktag」で設定したコードのボタンが表示されます。

チェックすることで、最初からあるボタンを消すことができます。

 

 

拡張コードクイックタグボタン

通常何もしなくてOKです。

記事内にコードを書こうとすると、そのまま表示されずに見た目が変わって表示されてしまいますが、ここのボタン「pre」など使うとコードをそのまま表示する事ができます。

ほかにもいろいろできますが、別のプラグインを使ったほうがいいのでここでは何もしないでOKです。

 

エクスポートとインポート

拡張子が「.json」の設定ファイルでインポートとエクスポートができます。

 

エクスポートでは、ボタンをクリックすると現在登録しているコードの情報をダウンロードできます。

ダウンロードしたファイルはインポートすることで同じ設定を別のサイトでも使うことができます。

 

 

インポートでは、配布されている「AddQuicktag」の設定ファイルなどをアップロードすることで、一瞬で設定完了した状態になります。

自分で他のサイトで作成したインポートファイルをアップロードすればお好みの設定をすぐにコピーできます。

 

 

まとめ

特に有料のテーマではショートコードを多用することが多いので、「AddQuicktag」プラグインは必須と言っても過言ではないくらいに使っています。

 

設定方法を細かく書きましたが、配布されている設定ファイルをインポートして使うというのが、一番多いです。

なので細かい設定は、自分で使いたいコードがあるような時には追加しなくてはいけないので、そのような必要な時に勉強すればいいと思います。

 

 

田舎アフィリ

記事を書く時にはとても便利なプラグインなので、ぜひ導入してみてください(^^)

 

 

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ アフィリエイトランキング

2 件のコメント

  • Manohiroと申します。
    ブログランキングから訪問させて頂きました。

    >AddQuicktag

    初めて知りました。

    記事作成が速くなりそうで。

    詳しく書かれていたので勉強になりました。

    今後も訪問させていただきます。
    応援、完了しました。
    よろしくお願い致します。

  • コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください