執筆最適化術「WP Edit」でビジュアルエディタのボタンを変える方法

WordPressで記事を書くときにはビジュアルエディタを使う方が多いかとは思います。

初期状態だと↓↓このようにボタンが少なくて、文字サイズの変更もできませんし背景色をつけたりもできません。

 

 

「WP Edit」というプラグインを使えば、自分好みにボタンを増やしたり配置できたりします。

 

WP Edit」でカスタマイズした内容はエクスポートとインポートが出来るので複数のWordPressを運営していても簡単に全部のWordPressに適応できます。

 

 

田舎アフィリ

「WP Edit」にはたくさんの機能がありますが、この記事では、

  • ボタンを増やしたり移動する方法
  • インポート情報の配布
  • インポート、エクスポートの方法

を中心に解説します〜(^^)

 

 

「WP Edit」のインストールと有効化

 

  1. WordPressの管理画面の「プラグイン」→「新規追加」に進む
  2. WP Edit」で検索
  3. ボタンをクリックしてインストールと有効化する

 

他のプラグインもまとめて一括インストールできる方法があるので試してみてください。
↓↓詳しくはこちらの記事で

【WordPress】一番簡単なプラグインの一括インストール方法まとめ

2018.09.20

 

「WP Edit」でよく使う設定

田舎アフィリ
いろいろ設定は出来るんですが、必須項目だけ説明します。

 

「WP Edit」の設定はサイドバーからできます。

 

ビジュアルエディタのボタンの配置換え

Button Rows」→現在のボタン配置設定

Button Container」→使っていないボタン

ドラッグアンドドロップで並び替えます。「Button Container」から「Button Rows」へ移動も出来るのでそれでボタンを増やせますし、配置換えできます。

 

 

エクスポートとインポート

Database」のタブをクリックします。

Export」ボタンを押すと現在設定済のボタン配置をエクスポートできます。「.json」形式のファイルになります。

 

インポートの方法ですが、僕が設定したボタン配置のインポートファイルをよければ使ってみてください。
↓↓↓
「WP Edit」インポートファイル(.json)

ファイルを選択」でjsonファイルを選び「Import」ボタンを押せば完了です。

 

基本的に以上の設定が使えれば十分になります。

「WP Edit」の他の設定

ほかはほとんど使うことがないので解説は割愛します。

 

 

まとめ

ビジュアルエディタのボタンをを使わないで記事を書く方法もあります。

ショートカットキーを使えば多くのことができますし、テキストモードで記事を書く人もいます。

 

ですが、ビジュアルエディタは便利ですし、初心者の方にもとても使いやすいので、もっと便利にして簡単に扱えるようにすると記事を書くのも早くなりますので、ぜひ使ってみてください〜(^^)

 

 

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ アフィリエイトランキング

1 個のコメント

  • コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください