【WordPress導入マニュアル】ドメインとサーバーでつまずかないためには?

「WordPressを始めたいな〜」

と思ってもの最初の障壁となる「ドメイン」と「サーバー」。コレがあるので始めづらいという方も多いのではないでしょうか?

 

今回はWordPressを使えるようにするまでのやり方だけでなく、「ドメイン」と「サーバー」をある程度理解できるようになっていただけるように記事を作りました。

  • ドメイン
  • サーバー
  • Webサイト
  • ユーザー(Webサイトを見る人)

これら4つの『関連性』を見て知って、ある程度理解してから作業すると「今何をしているのか?」がわかるので作業に迷わなくなり、つまずくこともないかと思います。

田舎アフィリ
関連性』を理解していただいたうえで、ゼロからWordPressのインストールまでを解説します。

 

 

ドメイン」と「サーバー」は極めようとすると難しいんですが、システムが洗練されているので、ただWordPressを使うだけならとても簡単な操作です。

契約するのもネットショップで購入するのと大差ない操作なので簡単ですし、契約後は何回かクリックしてブログの名前など入力すればすぐにWordPressが完成します。

理解するのに、専門的な難しい話は必要ありません。

 

 

ドメイン、サーバー、Webサイト、ユーザー、4つの『関連性』

まずは用語の説明からです。

ドメイン
「〇〇.com」←これのこと。〇〇は自分で決める。「.com」以外にもいろいろある。重複不可で早いものがち。
サーバー
Web上のデータ保存場所。世界のどこかに実際に存在してWebに接続されている。
Webサイト
単にサイトとも書きます。
WordPressブログ、ネットショップ、Google、Yahoo!などすべてWebサイトです。
ユーザー
この記事ではWebサイトを見る人のこと。

 

 

次に、「ユーザーがWebサイトを見る」ということの裏側を見ていきます。

  • ユーザーがWebサイトを見るということはサーバーに保存された情報を見るということ
  • サーバーの情報を表示するためにはサーバーの場所を指定しないといけない
  • サーバーの場所を指定するのに必要なのがドメイン(≒URL)

ということになります。

図解で見ると…

 

このような関連性になります。

もうちょっと深く解説します。

ドメインについて

  • ドメインを取得するというのは、Web上の市役所のドメイン管理課に取得申請するイメージ
  • ドメインを取得しただけでは何もできない。なにも起きない。
  • ドメインとサーバーを紐付けるという作業が必要
  • 紐づけが完了後、ドメインにアクセスするとサーバーの情報が表示される

 

サーバーについて(WordPressについても)

  • WordPressはサーバーに設置(インストール)する
  • ドメインとサーバーを紐付けるにはサーバー側でも作業が必要
  • サーバー契約してドメインと紐付ければWordPressをインストールできる
  • WordPressで記事を書くということはサーバーに記事情報を保存していくということ

 

ドメインとサーバーとWordPressについてなんとなくわかったでしょうか?

次は、「WordPressで記事を書き始めるには実際になにをするのか?」を解説します。

あなた(運営者側)がやることの具体的な手順

  • サーバーの契約
  • ドメインの取得
  • ドメインとサーバーを紐付ける
  • サーバーにWordPressをインストール

ここまで完了すると記事を書き始められます。

 

ここでは

を使います。

どちらも業界トップクラスで安定して使いやすく、価格も安めの優良サービスなので安心してください。

もっと安いサーバーとかもあるんですが、使い勝手やサーバーの質や速度を考えるとエックスサーバーが最もおすすめです。

 

 

作業手順は先程も書きましたが下記の通りです。()内はその作業をどちらのサービスで行うかを表しています。

  • サーバーの契約(サーバー側)
  • ドメインの取得(ドメイン側)
  • ドメインとサーバーを紐付ける(ドメイン側、サーバー側どちらも)
  • サーバーにWordPressをインストール(サーバー側)

 

順番にやっていきましょう。

サーバーの契約(サーバー側)

田舎アフィリ
まずはWordPressのすべての情報を保管するすべての基本の「サーバー」を契約します。
やること

とくに難しいことはないと思います。名前、住所などの個人情報は必須です。

「プラン」を選ぶ項目の下に個人情報を入力してください。

情報の送信が完了すると、登録したメールアドレスにサーバーの情報(割り当てられたサーバーの名前やサーバーの情報を見るためのアカウント情報など)が届きますので、サーバー管理画面にログインします

無料お試し期間があるので、それまで支払は不要です。無料お試し期間の最終日までに、支払い設定をすることで、継続して使うことができます。

 

支払い方法は「毎月自動引落」がおすすめ。

価格も安いですし、一回で支払う金額が安いので。

 

 

ドメインの取得(ドメイン側)

 

田舎アフィリ

次にドメインの取得です。「〇〇.com」←コレがドメインですが、「〇〇」の部分は自由に決めることができます。

「.com」この部分は、自由に決めることはできず、すでにあるなかから選びます。「.com」がいちばん有名ですが、「.net」「.jp」などたくさんあります。

 

 

ドメインの注意点は「重複不可」と「早いもの勝ち」です。

他の人が取得しているドメインと同じドメインは取得できません。そして早いもの勝ちでドメインはなくなっていきます。

 

なので、一般用語のドメインはかなり取得しづらいです。造語や短縮語を使ったドメインだと取得しやすいです。

 

ドメインを決定するときのポイントはざっくりと4つ。

  1. 短い
  2. 覚えやすい
  3. 意味がある
  4. 考えすぎない

ドメインを直接打ち込んでくる人もいるし、SNSに書くこともおおいので看板のような役割もあります(このドメインはあの人のサイトだのように認識される)。

なので、上のポイントをふまえて決めてみてください。

でも考えすぎないのも重要です。考え出すとキリがないので最後は「コレでいいや!」と決めちゃってください。

 

やること
  • お名前.com」を開く
  • 希望ドメインが取得可能かチェックしながらドメインを決める
  • ドメインを契約する
  1. 希望するドメインの「〇〇」の部分をここに打ち込みます
  2. 検索」をクリック

 

  1. チェックできるのが取得可能なドメイン。希望のドメインがない場合、他の文字で再検索。
  2. ほしいドメインにチェックを入れます。
  3. チェックしたら「お申込みへ進む」をクリック

 

  1. 有料オプション なので基本的に不要
  2. 初めてご利用の方」でメールアドレスとパスワードを入力
  3. 次へ」をクリック

 

 

クレジットカードでの支払が基本です。入力して「申込む」をクリック。メールアドレスにドメイン取得の情報が届きます。

もし、どうしてもクレジットカードが使えない場合「その他の支払い方法はこちら」ボタンをクリックして支払います。

 

 

ドメインとサーバーを紐付ける(ドメイン側、サーバー側どちらも)

これで、サーバーとドメインの準備が完了しました。

ドメインを取得しただけでは、サーバーとなんの関係もない状態で、ドメインにアクセスしても何も見れません。

ドメイン側で「このドメインにアクセスしたらあそこのサーバーの情報を表示してください
サーバー側で「このドメインの情報はここにあります

というお互いの設定が完了することを「紐付ける」と表現していまして、紐付けが完了するとドメインにアクセスしたときサーバーの情報を表示します。

 

紐付けするときの設定の名前は
ドメイン側は「ネームサーバー」設定
サーバー側は「ドメイン追加」設定
と言います。

 

やること
  • ドメイン管理画面を開く
  • ネームサーバー」を設定する
  • サーバー管理画面で「ドメイン追加」設定をして取得したドメインのための保存領域を作る
  • これで紐づけ完了
  1. ドメイン取得メールなどに管理画面へのリンクがあるのでログインして「TOP」ページを開く
  2. ネームサーバーを設定する」をクリック

 

 

チェックボックスでドメインを選びます。

 

その下の方の「2.ネームサーバーの選択」というところを設定していきます。

  1. その他」を選びます
  2. +」ボタンを押して5個入力できるようにします
  3. 下にネームサーバーを書いておくのでコピペしてネームサーバー1〜5を入力します。
  4. 確認」ボタンをクリックして設定を完了します。
ネームサーバー1 ns1.xserver.jp
ネームサーバー2 ns2.xserver.jp
ネームサーバー3 ns3.xserver.jp
ネームサーバー4 ns4.xserver.jp
ネームサーバー5 ns5.xserver.jp

 


サーバー側でドメインの追加設定を行います。

この画像では3つのサーバーを契約しているので3行ですが、1つの場合は1行です。

契約したサーバーの「サーバーパネル」のほうの「ログイン」ボタンをクリックします。

 

ドメイン設定」をクリックします。

 

 

  1. ドメイン設定の追加」をクリック
  2. 取得したドメインを入力(「http」などは不要)
  3. ドメイン設定の追加(確認)」をクリックして次のページで確定して完了

※無料独自SSLとXアクセラレータのチェックはそのままでOK

 

 

サーバーにWordPressをインストール(サーバー側)

これまでで遂にドメインにアクセスするとサーバーの情報が表示されるようになりました。

この状態ではまだ何も表示する情報がないのでデフォルト「このページには何もありません」みたいなのが表示されます。

最後にWordPressをインストールします。

 

やること
  • サーバー管理画面を開く
  • WordPress簡単インストールを実行する

「WordPress簡単インストール」をクリック

 

 

WordPressを使いたいドメインの「選択する」をクリック

 

 

WordPressのインストール」のタブをクリック

  • インストールURL:記入不要
  • ブログ名:あとで変更可能
  • ユーザー名、パスワード、メールアドレス:自由に入力
  • キャッシュ自動削除:そのまま
  • データベース:そのまま

記入が終わったら「インストール(確認)」をクリックして確定してインストール完了です。

 

 

さてこれで、WordPressで記事を書くことができるようになりました!

おめでとうございます!お疲れ様です。

 

意外と簡単だったのではないでしょうか?

 

まとめ

以上でWordPressの最初の一歩が終了です。

サーバーとか聞くと難しそうなイメージですが、やることはそこまで難しくありません。

昔はサーバーとかも使いづらくて難しかったこともあるんですが、最近はインターフェイスが洗練されたことでとても簡単になりました。何回かクリックして、入力していけば簡単にWordPressを始められます。

 

今回の作業を完了することで、普段何気なく見ているWebサイトがどのように表示されるのかをなんとなくわかって、自分自身がサイトを作る側に回るということになります。

楽しんでやってみてください〜(^^)

 

この後は、すぐに記事を書くこともできますが、いろいろWordPressの初期設定を行ったほうがいいです。初期設定は以下3つ。

 

WordPressの最強機能「プラグイン」とは?おすすめプラグイン17個を一瞬でインストールする方法についてはこちら
↓↓↓

【どんなサイトでも使える】最初に入れたいWordPressプラグイン17選

2018.09.27

 

WordPressの初期設定についてはこちら
↓↓↓
(準備中)

 

WordPressのデザインはどうするか?
「テーマ」を使ってどんなサイトにも変身するWordPress。
当サイトのテーマは?他のデザインでおすすめのテーマなど紹介します。
↓↓↓
(準備中)

 

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ アフィリエイトランキング

2 件のコメント

  • こんにちは。
    ブログランキングからきました。
    Wordpressの設定方法が詳しく書かれていたのでとても勉強になります。
    ブログを増やす時に参考にさせていただきます。

  • コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください